医療脱毛の回数について

私は、今まで自分でムダ毛処理を行ってきました。理由は、サロンなどプロに脱毛を任せると結構な金額になってしまうことと、サロンに定期的に通ったり予約を入れることが面倒くさかったからです。しかし、最近になって自分でムダ毛処理をしてきたことに後悔をし始めました。今回は私が後悔したムダ毛処理法を紹介します。

 

私が失敗したムダ毛処理の方法とは

私が失敗したムダ毛処理の方法は、カミソリで剃ることと、毛抜きで抜くことです。カミソリで剃る、毛抜きで抜くというのは女性であれば誰しもが経験したことのあるムダ毛処理法だと思います。
私の場合、20代前半の若い頃はセルフでムダ毛処理をしていても肌には何も問題は起きませんでした。同世代の他の人と比べてもきれいな肌をキープできていたと思います。しかし、30歳手前になって肌が段々と汚くなってきました。
まず、脇の毛は主に毛抜きで抜いて処理をしていたのですが、埋没毛が目立つようになってきました。埋没毛は黒い点のようになってしまい目立つので、さらにその埋没毛を無理やり毛抜きで向いて処理するようになってしまいました。その結果、脇の肌は毛穴が目立つようになり、ムダ毛処理をすればするほど見た目が汚くなっていきました。
また、足や腕のムダ毛はカミソリで処理してきたのですが、段々と膝の部分の黒ずみが目立つようになってしまいました。加齢のせいでもあるかと思いますが、おそらくカミソリでのムダ毛処理を続けてきた影響も大きいと思います。

 

ムダ毛処理失敗後の対処法

脇の場合、見た目が乾燥してボロボロだったので、スキンケアと同じ方法で丁寧に保湿を続けてみましたが、一向に肌はきれいになりません。
また、膝の黒ずみには美白クリームを塗ってみましたが、半年続けてもまだあまり改善は見られません。

 

まとめ

セルフでのムダ毛処理は若い頃は問題なくても、年を重ねることで問題が出てくる場合もあります。頻繁にムダ毛処理をする箇所に関してはサロンでプロにお任せして脱毛するのもきれいな肌をキープするのに必要なことなのだと思います。